松本の ペンキ屋さん 壁 屋根 蔵 修理 リフォーム の エース・リフォーム

松本、安曇野、塩尻、東筑摩郡で雨漏り&色あせ&ガレージのサビでお困りの方!お任せください!

スポンサーサイト

--------(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-03-05(22:37)| | 編集
Re: 隕石を譲って頂けませんか?
小谷祐介様へ  お返事大変遅くなってしまい申し訳ありません。残念ながら私隕石を持っておりません。私もどこかに落ちていると思われる隕石を自分の手で拾って見たいと日々過ごしております。アフリカの北部にある何とか言う砂漠は(名前忘れたのです)大昔は砂に覆われていたけど現在は岩盤剥き出しの岩砂漠に今でも隕石が落ちているそうです。世界中の隕石ハンターがここへ金属探知機片手にさがしまわっているそうな。日本は山あり谷あり地形がとても複雑でどこに落ちているともわからないのは勿論、大雨大雪台風などで流され埋まり、樹木や草に紛れ、発見が困難な状況です。私が思うには意外と田んぼや畑に落ちたモノは探しやすいかと思います。田んぼは泥に埋まると比重が重い隕石は沈み込んでゆくはずなので、落ちてあまり時間がたってないものは金属探知機に引っかかる可能性も・・・。畑、に関しては、たまにはたけの端に石ころを山積みにしてあるのを見かけますが、あれは畑に散らばる小石を長年にわたって排除したものが貯まった物なのであそこにもしかすれば紛れてると私は睨んでます。はたけの持ち主に事情を話して探してみられれば?ちなみにネットでも売られていると思いますよ。各地で夏の星祭りなどでも売られているのを見たことがありますが。> 松本様
>
> 僕はいま中学生(15歳)の小谷祐介と申します。宜しくお願い致します。
> 僕はいま中学生(15歳)で、(非常に)隕
> 石・化石に興味を持っています。そこで、松本様のホームページを見せて頂きました。ところが、困った事に、ホームページの中に、僕がどうしても(本当に・非常に・この世にあるものの中で最も)欲しい隕石に目が止まってどうしても頂きたいのです。それが、ホームページ上から4番目の写真、〔石質隕石〕と7番目の写真、〔石鉄隕石〕なのであります。2つ共頂くというのが難しいというのなら、どちらか一方でも構いません。ここでお願いです。
> 本物の保障が無くても全く構いません。どちらか一方、僕に頂けませんか?何卒ご検討頂けます様宜しくお願い申し上げます。
2011-11-04(23:20)| 松本支店 URL| 編集
非公開コメント

ウィドマンシュテッテン構造

2009-08-27(23:08)
画像 3842_R
糸魚川にはフォッサマグナミュージアムという地質学に関する資料や鉱物を集めた博物館があります。これは興味があるなしを問わず楽しめる展示物がたくさんあります。これは黄鉄鉱の結晶の塊。これ自然にできた物なんです。宝石みたいにきらめいてます。画像 3830_R
これは太古の海に生息していたウミユリと呼ばれる生物の化石。映画の(マトリックス)にでてきたメカキャラにそっくりです。画像 3832_R
これは三葉虫の群生の化石、宮崎アニメに出てきたウォームと云うキャラクターにそっくり。画像 3826_R
これは、石質隕石、宇宙空間を何億年も漂って地球上に落ちてきた石です。大気圏に超高速で突っ込んできた為に超高温になり焼け焦げています。こんな石拾った人私にください。無料でお引取りします。?画像 3829_R
これは隕鉄、その名の通り、鉄質の物です。密度が高く非常に重いです。これも私無料お引取りいたします。もしどこかで拾った方連絡ください画像 3828_R
これは隕鉄を輪切りにして硫酸で切断面を処理した物です。傷が縦横に入っているように見えますね、ウィドマンシュテッテン構造と呼ばれています。この模様は地球上の金属や人工的作ることはできませんので、真贋を見分ける決め手になります。。画像 3827_R  これは石質と鉄の複合体、とても綺麗ですね。小惑星の中心核に近いところで形成された物だそうです。画像 3841_R
これは蛍石、高級なカメラのレンズの原料になります。光学的に非常に良好な性質を持っています。
等等、他にも多数のおもしろくて、不思議で綺麗な展示になってます。一見の価値あり。大人500円也   by kimura
スポンサーサイト
  

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-03-05(22:37)| | 編集
Re: 隕石を譲って頂けませんか?
小谷祐介様へ  お返事大変遅くなってしまい申し訳ありません。残念ながら私隕石を持っておりません。私もどこかに落ちていると思われる隕石を自分の手で拾って見たいと日々過ごしております。アフリカの北部にある何とか言う砂漠は(名前忘れたのです)大昔は砂に覆われていたけど現在は岩盤剥き出しの岩砂漠に今でも隕石が落ちているそうです。世界中の隕石ハンターがここへ金属探知機片手にさがしまわっているそうな。日本は山あり谷あり地形がとても複雑でどこに落ちているともわからないのは勿論、大雨大雪台風などで流され埋まり、樹木や草に紛れ、発見が困難な状況です。私が思うには意外と田んぼや畑に落ちたモノは探しやすいかと思います。田んぼは泥に埋まると比重が重い隕石は沈み込んでゆくはずなので、落ちてあまり時間がたってないものは金属探知機に引っかかる可能性も・・・。畑、に関しては、たまにはたけの端に石ころを山積みにしてあるのを見かけますが、あれは畑に散らばる小石を長年にわたって排除したものが貯まった物なのであそこにもしかすれば紛れてると私は睨んでます。はたけの持ち主に事情を話して探してみられれば?ちなみにネットでも売られていると思いますよ。各地で夏の星祭りなどでも売られているのを見たことがありますが。> 松本様
>
> 僕はいま中学生(15歳)の小谷祐介と申します。宜しくお願い致します。
> 僕はいま中学生(15歳)で、(非常に)隕
> 石・化石に興味を持っています。そこで、松本様のホームページを見せて頂きました。ところが、困った事に、ホームページの中に、僕がどうしても(本当に・非常に・この世にあるものの中で最も)欲しい隕石に目が止まってどうしても頂きたいのです。それが、ホームページ上から4番目の写真、〔石質隕石〕と7番目の写真、〔石鉄隕石〕なのであります。2つ共頂くというのが難しいというのなら、どちらか一方でも構いません。ここでお願いです。
> 本物の保障が無くても全く構いません。どちらか一方、僕に頂けませんか?何卒ご検討頂けます様宜しくお願い申し上げます。
2011-11-04(23:20)| 松本支店 URL| 編集
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。