松本の ペンキ屋さん 壁 屋根 蔵 修理 リフォーム の エース・リフォーム

松本、安曇野、塩尻、東筑摩郡で雨漏り&色あせ&ガレージのサビでお困りの方!お任せください!

スポンサーサイト

--------(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

古民家の屋根綺麗になりました

2010-09-28(21:28)
DSCF6512_R.jpg
そしていよいよ下塗りプライマーを吹きつけます。
DSCF6518_R.jpg
滅多に観られない屋根のてっぺんからの眺めです。DSCF6541_R.jpg
下吹きが終わったら上塗りの1回目です。赤錆色の下地がどんどんこげ茶色に染まって行きます。
DSCF6540_R.jpg
んっ、
DSCF6532_R.jpg
上から順に吹き降りてゆきます。DSCF6565_R.jpg
上塗り1回目が終わったところでてっぺんの飾り屋根に三角の模様を入れてビニールで養生します。
P8165861_R.jpg
軒裏も白く化粧直し、
DSCF6601_R.jpg
養生を外すと、この艶です。
P8185925_R.jpg
そして、仕上げの上塗りです。
P8185919_R.jpg
艶と厚みが加わります。
P8195930_R.jpg
入道雲が高く上がり、日が西の山に傾いてヒグラシが鳴き始めます。暑い夏の一日が終わる頃塗装が終わりました。
DSCF6611_R.jpg
次の日足場を解体、
CA340050_R.jpg
長年の風雪日照りに傷め付けられていた屋根が、
DSCF6620_R.jpg
綺麗に丈夫になって甦りましたDSCF6626_R.jpg
私も住まいたいと一度は思っていましたこの古民家、綺麗にできて私も嬉しいです。A様このお家で末永く別荘ライフ楽しんでくださいませ。 by kimura


  
スポンサーサイト

古民家の屋根綺麗にしました。

2010-09-22(23:57)
CA340050_R.jpg
市街地から8キロも山奥にあるこの古民家、神奈川県にお住まいのA様の別荘。CA340051_R.jpg
実は私も住みたかったお家なんです。ですから、この家も自分の家だと思って綺麗にしますよ。DSCF6476_R.jpg
まずは足場を組んで
DSCF6461_R.jpg
洗浄です
DSCF6470_R.jpg
場所によってはこんなに錆が出ていました。DSCF6488_R.jpg
ここはしっかりサンドペーパーで錆のでこぼこを取りますDSCF6479_R.jpg
ペーパーがけは塗料の喰いつきもよくなります。。DSCF6464_R.jpg
さらに洗浄は進みます。
by kimura


  

いやがうえにも秋!

2010-09-21(01:30)
DSCF6721_R.jpg
なんとなく朝の風景が輝いて見えます。肌に当たる風がからりとして少し冷たいです。DSCF6734_R.jpg
暑い夏が稲を豊作にしました。今年はいつもより1週間から10日稲刈りが早くなるだろうと農家の人は口々に言っていました。DSCF6815_R.jpg
でも肝心な稲刈り予定日に大雨が降り、日延べして乾きを待ったのにまたも雨に遭い稲が寝てしまいました。DSCF6752_R.jpg
無事に収穫できることをお祈り致します。秋の祭りがいやがうえにも秋を感じさせます。夏が行ってしまいます。 by kimura
  

森の中のお家、色を替えました。Ⅱ

2010-09-21(00:54)
100625_0932~01001                                 
剥離があった部分はしっかりケレンしてきれいにします。

中塗りP6295050 (1)_R
天井や壁は茶色に破風板や柱は白っぽいグレーでコントラストは強めに、
100702_1036~01001
100706_0944~01001
破風板も壁も2回塗り重ねて
100706_0937~01001
仕上げてゆきます。
PAP_0139_R.jpg
工事前こんな感じが
P7085205_R.jpg
こんなに落ち着いた感じに仕上がりました。森の木陰に馴染んでます。破風や出窓のグレーがぴりっと引き締めて絶妙のコントラストです。
P7075183_R.jpg
カビや汚れが付いても目立たず森にしっくりと馴染む落ち着いた色。これがY様の要望でした。
by kimura
  

森の中のお家、色を替えました。

2010-09-10(23:22)
PAP_0139_R.jpg
 Y様のお家は緑の木々に囲まれたおしゃれなお家、
CA340300_R.jpg
時折リスが窓の外のひまわりの種を食べに寄って来る素敵な環境の中に在ります。
現状P5304674a (2)_R
 でも最近気になっている事が・・・一部の板壁が腐ってきたり
洗浄P6194927 (10)_R
カビや汚れが目立つ様になって来たりしてそろそろ塗った方がいいかな?と思って居られたそうです。
谷上邸現状P5304674 (1)_R
 それならいい塗料があります。防汚性、防カビ性、耐久性にすぐれた塗料が、但ししっかりした下こしらえは必要です。特に剥離をおこしたこの部分は。
洗浄P6194927 (2)_R
 まず、除菌洗浄剤溶液を作ります。
洗浄P6194927 (16)_R
 それを噴霧した後に高圧洗浄します。カビや汚れをきれいに落とします。
洗浄P6194927 (17)_R
 洗浄でカビも汚れもさっぱり落としきれいな色に戻りましたが、今回は色を替えるのも目的ですから、この色のお家も見納めです。森の木々の間に溶け込む落ち着いた色でと言うY様の思いです。
下塗りP6254977 (5)_R
 まずは養生、備品や窓をビニールで覆い、
   続きを読む

猛暑の夏も・・・

2010-09-10(00:35)
DSCF6661_R.jpg
 馬鹿暑い夏も台風の通過でやっと一息ついたみたいですね。夕方になると決まってこのような巨大な入道雲が空を覆い、たまに自分の方に向かって進んで来るとそれまでの青空が一変掻き曇り、
DSCF6664_R.jpg
 あっという間に突風と激しい雨に巻き込まれ、雷鳴とどろくゲリラ豪雨がありましたね。
 うちの周りにもあちこち落雷があり、電柱に近い私のお客さんの家の大屋根の瓦も雷撃を受けたようで数枚割れたそうです。そして私の家のPCの基盤のLANユニットとルーターも雷の影響で壊れてしまいました。幸い無線LANだけが生きていて、PCに安い部品を付けることで復活しましたが・・・。長いことブログアップできませんでした。お待たせしました。
DSCF6671_R.jpg
 うちのPCをダウンさせたと思われる落雷の一部撮れました。かなり近い所に落ちたようです。雷鳴もほぼ同時で音も、ドン、と大砲の発射音みたいでした。暑さと言いゲリラ豪雨と言い熱中症と言い色々記録ずくめの大変な夏でしたね。  by kimura  

松本市S様邸 防水塗装工事の様子 その3

2010-09-09(19:05)
お世話になっております。金野です。だいぶ過ごし易くなって参りましたね。
下塗り (1)_R
下塗りの開始です。塗料の密着を良くするものであり、これ自体にも防水性を備えています。
下塗り。 (4)_R
狭い箇所はハケで、広い部分はローラーで塗ります。真っ白ですね
さこつ (4)_R
続いて中塗り。壁に厚みと模様をつけていきます。ゴムのような塗料なので柔らかいのです。
さこつ (3)_R
右側が中塗り後です。柔らかいので家の動きに対応するし、防水性にも富んでいます。
ぜひオススメしたい工程ですねこのあと色を入れていきます。楽しみですよね  

松本市S様邸 防水塗装工事の様子 その2

2010-09-02(19:37)
さあ!S様邸塗装開始です!…の前に大切な下ごしらえから。
洗浄 (3)_R
高圧洗浄で汚れ、コケカビをきれいに落とします。こちらは屋根。
洗浄 (18)_R
外壁も同様に。職人が素敵な笑顔を向けてくれましたウォースの職人は気さくですよ!
コキおわり_R
傷んだコーキングは撤去して、弾力性に富んだコーキングを新たに打ち直します。
あしば。。修正_R
足場に看板シートをはって、ウォースペイントをアピールしますご近所様には事前にご挨拶に伺います。
さあ!いよいよ!次回は塗装開始です!  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。