松本の ペンキ屋さん 壁 屋根 蔵 修理 リフォーム の エース・リフォーム

松本、安曇野、塩尻、東筑摩郡で雨漏り&色あせ&ガレージのサビでお困りの方!お任せください!

スポンサーサイト

--------(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

夏が往ってしまいます

2009-08-31(23:15)
画像 3600_R
私の好きな季節はこんな乱雲渦巻く不順な天候で始まり画像 3318_R
厚い雲がが日差しを隠し湿った暑苦しい空気に追われてこんなところでクールダウンしたり・・・画像 3695_R
お盆には、花火の饗宴」に心躍らされ・・・画像 3733_R
それでもいつの間にやら雨の季節も遠退き、やっとキラキラきらめく夏がやってきました。画像 3702_R
そんな季節も束の間、私の一番好きな夏が往ってしまいます。  
スポンサーサイト

山形村の屋根塗装の現場です。

2009-08-30(08:06)
・包ス難ス会ス搾ス・ス抵ス廟convert_20081102141746_R
こんにちは!!松本支店の牛丸です。中島様 (2)_R
山形村のU様のお宅です。

中島様 (4)_R
コロニアルの屋根です。紫外線や雨、雪によく耐えてくれました。お疲れ様。先が白く剥けてしまっています。治療してあげなくては!!洗浄 (3)_R
まずは、屋根を綺麗に洗浄です。高圧で菌やコケを洗い流します。下塗り8.27 (1)_R
下塗り8.27_R
次に、一番大切な下塗りです。弱った素材を強化して、上塗りの塗料ののりを良くします。続きをお楽しみに  

ウィドマンシュテッテン構造

2009-08-27(23:08)
画像 3842_R
糸魚川にはフォッサマグナミュージアムという地質学に関する資料や鉱物を集めた博物館があります。これは興味があるなしを問わず楽しめる展示物がたくさんあります。これは黄鉄鉱の結晶の塊。これ自然にできた物なんです。宝石みたいにきらめいてます。画像 3830_R
これは太古の海に生息していたウミユリと呼ばれる生物の化石。映画の(マトリックス)にでてきたメカキャラにそっくりです。画像 3832_R
これは三葉虫の群生の化石、宮崎アニメに出てきたウォームと云うキャラクターにそっくり。画像 3826_R
これは、石質隕石、宇宙空間を何億年も漂って地球上に落ちてきた石です。大気圏に超高速で突っ込んできた為に超高温になり焼け焦げています。こんな石拾った人私にください。無料でお引取りします。?画像 3829_R
これは隕鉄、その名の通り、鉄質の物です。密度が高く非常に重いです。これも私無料お引取りいたします。もしどこかで拾った方連絡ください画像 3828_R
これは隕鉄を輪切りにして硫酸で切断面を処理した物です。傷が縦横に入っているように見えますね、ウィドマンシュテッテン構造と呼ばれています。この模様は地球上の金属や人工的作ることはできませんので、真贋を見分ける決め手になります。。画像 3827_R  これは石質と鉄の複合体、とても綺麗ですね。小惑星の中心核に近いところで形成された物だそうです。画像 3841_R
これは蛍石、高級なカメラのレンズの原料になります。光学的に非常に良好な性質を持っています。
等等、他にも多数のおもしろくて、不思議で綺麗な展示になってます。一見の価値あり。大人500円也   by kimura
  

多分磨けば綺麗になるはずですが

2009-08-27(22:26)
画像 3824_R
8月25日、急に涼しくなった今日この頃、夏が去ってゆくと言うなんともいえない寂しさに襲われ突然思い立ち、いくつもの洞門と・・・画像 3825_R
長いトンネルを幾つも抜け、画像 3849_R
遂に海に下りてきました。日本海、糸魚川、ヒスイ海岸です。泳ぐにはちょっと怖いほどの波が岸辺の直前で突然立ち上がり襲ってきます。波が立ち上がる辺りで底が急に深く落ち込んでいるようです。でも久しぶりに潮の香りと轟く潮騒を聞いて、しんみり夏を感じることができました。画像 3862_R
この海岸は姫川と言う一級河川が上流から運んだ小石によってできています。フォッサマグナ・大地溝帯と呼ばれる地質学上特異な地帯なのです。海岸は色々な種類の小石があり。打ち寄せる波に磨かれつやつやの宝石のように丸くなっています。これは私が拾った、ここでは珍しいガラスの破片(青いやつ)と貝殻(白いやつ)緑と白のまだら模様はヒスイと思われます。多分磨けば綺麗になるはずですが・・・・by kimura  
テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

安曇野市はN様のお宅の物置

2009-08-26(20:45)
画像 083_R
安曇野市はN様のお宅の物置、窓やドアをビニールで覆い汚さない様にします。画像 088_R
下塗りで弱った壁面を強化します。画像 090_R
西日が当たって影と日向で見にくいですが、下塗りを終えると壁全体がいったん真っ白になります。画像 011_R
そして中塗りの弾性塗料で綺麗で均一な柄を出し、厚みと強力な防水性能を持たせます。画像 092_R
左の白っぽいほうが下塗り、右の少し陰ったほうが中塗りが終わったところです。画像 041_R
さらに上塗りで初めてお客様指定の色が着きます。これを二回塗ります。画像 057_R
上塗り二回目で壁の塗装は終了です。画像 023_R
ここからは建物の付属品などを綺麗にします。まず雨樋にさび止めプライマーを塗ります。画像 055_R
鉄部専用の塗料を塗ります。画像 067_R
木部は防腐剤の入った塗料をしっかり滲み込ませるようにぬります。画像 3803_R
木部も2回塗ります画像 3805_R
木の格子も取り付け。画像 3808_R
風格のある物置の完成間近です。 by kimura  

UFOと宇宙と人と

2009-08-24(15:34)
IMG_1561_R.jpg
UFOと言うと、宇宙から飛んできた地球外文明人の乗り物と相場が決まっていますが、正式には未確認飛行物体の英語の略語であります。通常は空軍や航空管制関係者が使う専門用語が一般人マスメディアを通じて一般的に使われるようになった訳で・・・DSC00748_R.jpg
しかしながら、地球に一番近い太陽は光の速さで飛んでも約四年もかかる距離に在り、手軽に行き来するには現在の地球上の科学技術を持ってしてはとても太刀打ちできるような所にはない。IMG_8510a_R.jpg
しかしながら、あの飛行物体は地球上で製造された代物ではなく地球外の文明人の飛行機であるとされ、何の為にこの星に来ているのかどんな姿の生物が乗っているやら正式には謎のままであり・・・しかしながら想像するに超高エネルギーを制御して飛んでいるのに概ね間違いは無いと思われ・・・IMG_9762a_R.jpg
今でも、地球の近辺のどこかに現われては、私たちの世界を違う次元から見ている訳で・・・
画像 017_R
彼らには今の地球はどのように映っているのやら、どうしようと思っているのやら???IMG_0427a2_R.jpg
秋の気配が忍び寄る、澄んだ星空を眺めながらふと思ったりして・・・へーークションチクショー・・・・
風邪をひかないように温かくして皆さん、たまには高い展望台にのぼって澄んだ星空を眺めてみませんか?IMG_1588_R.jpg
じっくり眺めると色々な物が見えるんです。実は。夜間飛行機の点滅、夜の初めの頃には人工衛星の光、これは光の強さが急に強まったり点滅したりしてUFOと間違われたりします。また、スペースデブリ(宇宙ごみ)、これは宇宙開発の副産物でロケット発射の時に切り離されたり捨てられたロケットの構造体や部品が宇宙を漂い、それらが太陽の光を反射して光ったりもします。私はかつて三機編隊で飛ぶアメリカの軍事衛星を目撃しました。(後に判るまではあれはUFOに間違いないと確信してましたが。)他にも流れ星や火球(かきゅうと読みます。流れ星のでかいやつです。)極、稀に隕石など、これも私、目撃しました。友人と彗星の写真撮影の準備をしている最中に二人で見たのですが、他に目撃者が居なかったのか、騒ぎにはなりませんでしたし、現物の回収もされていません。北アルプスの山中に落ちたように見えたのですが、光跡は雲に阻まれ落下地点も定かでないのですが、確かに落下しました。その時はとても興奮したのを覚えています。   そんな幸運にまた遭遇するべく、今でも観天望気は私の楽しみのひとつなのです。    by kimura

  
テーマ : 星景写真
ジャンル : 写真

物置の外壁塗装

2009-08-24(08:44)
画像 011a_R   安曇野市N氏のお家の物置、母屋と共に築11年経っています。一見、綺麗で何処も傷んでいないようですが・・・ 画像 016a_R   画像 003_R画像 004_R
近寄って見ると至る所にひびが入っています。画像 006_R
外に立っている木の柱、塗装は施してありますが自然にやさしい塗料なので表面をなんらかの生き物にかじられたような痕がついてます。画像 048_R
まずは高圧除菌洗浄で汚れと雑菌やカビやコケを洗い流します。・・・つづく   by kimura
  
テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

盆休み

2009-08-17(18:08)
・ゑス擾ス趣ス趣ス呻ス・ス難ス包ス搾ス峨??3_convert_20090817170336
8月14日早朝に着いた親不知海岸あいにくの雨・ゑス擾ス趣ス趣ス呻ス・ス難ス包ス搾ス峨??2_convert_20090817164431はじめての海なのに残念ワンちゃん達も水着を持参したのに・・・・
・ゑス擾ス趣ス趣ス呻ス・ス難ス包ス搾ス峨??5_convert_20090817164709
海に入れないから諦め、場所を替え・ゑス擾ス趣ス趣ス呻ス・ス難ス包ス搾ス峨??4_convert_20090817164603
しっかり頂いて来ました。何度か行ってはいますが、行くたびに込んでいますね。
・具ス包ス抵ス・ス具ス会ス假ス呻ス包ス輔??2_convert_20090817164847ここは信州安曇野市「蔵久」 酒蔵後で店内は太い柱が目に入り、なんとも落ち着く建物です。
・具ス包ス抵ス・ス具ス会ス假ス呻ス包ス輔??1_convert_20090817165009
別の建物では作りたてのかりんとうを食べる事ができます。ぜひ出かけて見てくださいインターネットで「蔵久」で検索して見てください
  

たまには眺めてみませんか

2009-08-16(00:18)
画像 004_R
木崎湖の畔、稲尾の田んぼ、早くも赤トンボの群れが山から下りてきました。夕日に照らされてキラキラと薄い羽根を震わせています。アルプス夕暮れ_R
北アルプスの稜線がくっきりとシルエットになって、逆光に空気が輝いています。夕暮れ2_R
夕焼けは雲が少ないと今一ですね。画像 081a_R
日が沈むと南東の山の端から巨大なガスの惑星、木星が昇ってきていました。画像 067a_R
空が完全に暗くなると天頂から南の地平線へ白いモヤ状に連なる銀河、普通天の川と云います。まだ夏の星座が賑やかに空を飾っていました。空気が澄んだ夜は天の川も輝きを増します。流れ星が多く流れる季節です。たまには眺めてみませんか?     by kimura
  

小さすぎて何処に居るか判りません

2009-08-15(23:40)
画像 023a_R
長い雨季がやっと明けて暑い夏が帰って来たと思うのも束の間、空気も空も夏の終わりを予感させます。DSCF2269-tiltshift a_R
高台にあるお寺の鐘楼の展望台から眺める大町の町並みが望遠レンズを通して見てもくっきり映ります。この写真を画像処理を施してみました。ミニチュアみたいにみえるでしょう。DSCF2308-tiltshifta_R.jpg
何だか巨人になった様に感じるでしょう?DSCF2287-tiltshifta_R.jpg
かなり遠くまで空気が澄んでいます。DSCF2283-tiltshifta_R.jpg
この町並みは神が創った物じゃないです。人間と云う生き物が何千年もかけて創り上げた物なのですね。それにしても人間てちっぽけな存在なのですね、小さすぎてどこに居るか判りません。でも生きずいているのがここからでもよく判ります。    by kimura


  

皆が楽しみにしています

2009-08-14(00:53)
画像 059_R
何年も暗い土の中で過ごし暑い夏のほんの数日、激しく生きています。画像 018_R
キキョウの花、ちょうどお盆の時期に咲くので盆花と言われて仏壇やお墓にお供えされます。それだけに使い方を間違うと人間関係が崩れることもあります。でも此花はそんな事は何も関係なく可憐に精一杯花びらを開いています。画像 050_R
激しいにわか雨に叩かれ、まだ緑の栗坊主、枝から落ちてしまいました。・・・はかないから・・・美しい画像 060_R
夕暮れの風景、あっという間の光のドラマが一日の終わりを飾ります。画像 3648_R
お盆の時期皆が集まる田舎の実家では楽しみにしています。画像 3656_R
色とりどりの火の劇場、花火師の一年間の努力の集大成が真夏の夜空を飾ります。画像 3693_R
お盆、夏のフィナーレ、遠く木霊する花火の轟音が物悲しく響いていました。 by kimura
  

和風のお家綺麗になりました

2009-08-13(23:55)
画像 071_R
中塗りの柄はこんな風に丸みがあり厚みを持った凹凸が特徴です。画像 094_Rこの上にさらに二度、色付けをします。セラミック配合のシリコン塗料は長い年月水や日光からお家を守ります。画像 070_R
木部とモルタルの境の隙間も埋まり、すっかり綺麗になりました。画像 075_R
この滑らかな地肌は厚みと柔軟性と強力な防水性を兼ね備えています。艶があるでしょう。画像 001_R
工事前も充分綺麗です。でもさらに・・・masima2_R.jpg
和風のお家こんなに綺麗になりました。画像 143_R
工事の期間中には何度か雨が降ったりして御心配をおかけしましたが、なんとかお盆前に工事が完了しました。職人も私も一所懸命やりましたがN様ご家族様喜んでいただきましたでしょうか?これからもお客様のお家、自分の家だと思ってしっかり監理します。  by kimura
  

暑い夏が帰ってきました

2009-08-11(23:58)
画像 123_R
台風が日本列島の近海で突然発生してあっという間に通り過ぎて行きました。空気が澄み渡って北アルプスの山並みがくっきり見渡せます。久しぶりのギラギラの夏です。画像 148_R                             この夏、気になる物です、田んぼのあぜに奇妙な物があるのですが、これジャガイモですよねぇ。何か意味あるんでしょうか?あちこちで見かけるのですが、これで害虫とかすずめとか追い払うことできるんでしょうか?
画像 144_R
私的にはこれのほうが不気味で怖い、風でなびく髪の毛の不気味さと言ったらないですよ。これ!画像 112_R
夕暮れの田んぼの脇を車で通るとさらに不気味かも?そう言えば、肝試し中に行方不明になった子供がいましたけど無事に見つかったのでしょうか?お盆中は色々な人やお客さんや霊魂がうろうろしています。危ないところに一人で行かないようにしましょう。   by kimura
  

 和風のお家綺麗にします

2009-08-09(19:49)
画像 001_R
 安曇野市のN様のお家です。落ち着いた和風の一見とても綺麗です。画像 018_R
でもよく見ると木部の表面は十年もの間、日ざらし雨ざらしです。傷んでいないわけがありません。大分色褪せてきていました。画像 014_R
モルタル面の塗装も劣化して防水性能も落ちて来ています。画像 015_R
木部とモルタルの境には隙間が開いています。雨が吹き込めばこの隙間に水は浸入します。画像 3601_R
このお家を水に負けない綺麗なお家にします。まずは足場を組みます。この日はどんよりして曇っていました。時折、龍の様な雲が渦を巻いて通り過ぎ一雨来るかとはらはらしましたが・・・画像 037_R     そして、洗浄剤を噴霧して。画像 052_R
高圧洗浄で汚れや、弱った塗装の劣化層を洗い流します。画像 088_R
塗らない部分はビニールで養生して、下地塗りで壁面を強化します。画像 084_R
下塗りを終えた壁は真っ白になります。画像 085_R
さらに、この中塗りで防水性と柔軟性を持った厚みのある柄を付けます。・・・・・・・・・・by  kimura
  

 暑中お見舞い

2009-08-05(23:40)
画像 3600_R
嵐のようなにわか雨が、アスファルトを叩いた日もありましたが、DSCF2088_R.jpg
やっと本当の夏がやって来たんだなぁ、画像 3632_R
いつの間にか果樹園の桃がこんなに大きく、熟れてきてました。画像 3633_R
田んぼの稲も穂を伸ばしています。画像 3598_R
栗坊主もイガを伸ばして触ると痛いです。DSCF2116_R.jpg
これからが夏本番、しっかり水分と栄養を摂って乗り切りましょう。DSCF2158a_R.jpg
ぎらぎらの夏、万歳。画像 2564_R
そして、暑中お見舞い申し上げます。  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。